まーいっぺん

二児の母の雑記ブログ

【賃貸】アパートの退去費用で不動産と揉めに揉めた【払いたくない】

 

f:id:hitsupan:20200227093200j:image

 

これから引っ越しシーズンですね。私は過去に何度も引っ越しを経験しています。

今回は引っ越しトラブル退去費用をぼったくられそうになった話を紹介します。結果的には払わずに済んだのですが、長い、長い戦いでした。

 

入居前、内覧時に汚かった部屋

トラブルになった部屋は、今現在、家を建てる前に住んでいたアパートです。

築10年、3DKのアパートです。外観は綺麗でしたが中が汚い…掃除はされていないし、トイレのドアには殴って開けたような穴。押し入れの中には結露でできたのかシミだらけ。

他にも多数の傷が部屋にはありました。

その事を担当者に伝えるときちんと綺麗にするので大丈夫ですよと。その言葉を信じ安心して契約しました。

 

今思えばなぜこのアパートを選んだのか不思議なんですが、家賃相場より5千円ほど安かったというのがあります。汚さを除けば部屋は広い。上の子が1歳になったばかりの時で、子育てするには丁度いい広さだと思ったんです。(それまでは夫婦2人で1LDKのアパートに住んでいました。)

 

そして、入居日。部屋に入ってびっくりです。掃除はされて綺麗になってましたが、トイレのドアの穴や押し入れのシミなどはそのままでした。

が、私は神経質でもないので、生活に支障がなければ気にしません。そのままにして生活していました。←ここが間違いでした。

今思えば、きっちり写真を撮って証拠を残しておくべきでした。

 

退去時は立ち合いをしなかった

そこのアパートに住んだのは2年ほど。縁があり、アパートに住み始めて1年ほどでマイホームを建てることになったので、わずか2年で退去することになりました。

その時、私は2人目妊娠中で仕事をしていました。つわり真っ只中、仕事で時間がないという事もあり、退去時には立ち合いはしませんでした。

 

立ち合いは絶対ではなかったです。不動産から電話があり「立ち合いどうしますか?どっちでもいいですよ。」と聞かれ、行かなくて済むなら行きたくないと思い、立ち合いは希望しませんでした。

 

2ヶ月経って不動産からいきなり電話

マイホームに引っ越し、快適な日常を過ごしていたある日。夫の携帯に不動産から電話がかかってきました。退去して2ヶ月も経っているのに今更なんだろうと思っていると退去したアパートの傷の確認をされました。

確認された傷はトイレのドアの穴押し入れのシミでした。その傷は私達が住む前からついていた傷です。その事を話し、私達がつけた傷じゃないと否定しました。

 

わかりましたと言って電話を切った不動産。これで済んだと思いました。

 

いきなり請求書を送付してきた

その電話から1週間経ったある日、不動産から封書が届きました。その内容はアパートの修繕費用8万円を払ってくれという内容で、一緒に請求書が入っていました。

 

私達が入居した時、敷金のないプランで入居したので敷金から引くというのではなく、退去費用があれば実費で負担しなければいけません。

が、今回の傷は私達がつけた傷ではありません。その事を不動産に電話で言い払う意思がない事を伝えました

 

不動産の担当者さんはとても良い方でした。私達の言い分もちゃんと聞いてくれました。きっとオーナーさんとの板挟みになっていたんでしょう。困っていました。

 

「金額の交渉をしてみます、その請求書は破棄してください。」その言葉を信じました。

 

どうしても退去費用を払わせたいオーナー

それから1ヶ月、音沙汰ありませんでした。交渉がうまくいって払わなくていいのかななんて呑気に思っていたら、またも不動産から電話。

 

オーナーによると私達が傷をつけていないという証拠はない、修繕費は払ってもらうとの事でした。

それを聞いて怒り心頭の私。言いなりにはなりたくなかったので言い返しました。

 

私達がつけてない証拠もないですが、つけた証拠もないですよね?私達は入居前に傷の確認をしています。きちんと直して入居という話しだったのに掃除しかしていなくて傷はそのままでした。その時の担当の人に確認してください!

すると不動産の方、その時の担当者の名前を聞いてきたので、内覧時の担当の方の名前を伝えました。

 

その時の電話はそれで終わり、またしばらく連絡はありませんでした。

 

ついに決着!退去費用を払わずに済んだ?

それからまた1ヶ月。ようやく不動産から電話がありました。

今回の退去費用はこちらで持つ事になりました。ご迷惑おかけして申し訳ございません。との事でようやく決着しました。これだけ長引いたのに終わる時はあっさりでした。

話を聞くと、内覧時の担当が退職したため事実確認ができなかったそうです。

 

退去費用を払う事も嫌でしたが、自分達がやっていない事にやっただろ!と言われる事がすごく嫌でした。本当に私達がつけた傷なら、壊した物であればお金は払います。なぜ前の住人の尻拭いを私達がしなければいけないのだろう?その思いでやっていないを貫きました。

それに前の住人が退去した時に確認を怠った不動産にも責任はあると思います。

 

まとめ

我が家はマイホームを建てたのでもう賃貸に住む事はないと思いますが、もしこれからアパートを借りようと思ってる方がいるなら、入居時に写真を撮っておく事をお勧めします。

退去時に揉めないためにも傷の写真と日付つきで担当者に伝えてくださいね。もちろん担当者の名前も忘れずに!