まーいっぺん

二児の母の雑記ブログ

子どもの便秘で悩んだ4年間!やっと解消!正しい排便スタイルを教えてあげよう【幼児の便秘】

 

f:id:hitsupan:20190212113516j:plain


 

娘は今年で4歳。

産まれた時から便秘気味で、2年前に便秘が加速。

 

放っておくと1週間や10日も出さないなんて当たり前。その度に泣いて逃げ回る娘を捕まえて、無理やり浣腸をして出してました。

 

泣いて嫌がるんです。『痛い!』って言うんです。

 

私だって浣腸はしたくなかったです。何度心が折れそうになった事か…。

 

便秘外来に行ったり、薬や漢方を貰ったり…やれる事は尽くしましたが、この2年間自力で出す事はほとんどせず。

 

そんな超便秘だった娘が最近、自力で排便をするようになったので、その経緯を書いてみようと思います。

 

便秘だと思っていた娘は、実は便秘じゃなかったんです。

生後2ヶ月から便秘気味

新生児の頃は1日に数回と便秘とは無縁でした。

が、しかし生後2ヶ月を過ぎた頃から徐々に回数が減っていき、3日に一度ペースになっていきました。

私は小さな頃から便秘知らずだったので、3日も出さない事にとても心配になりました。

 

初めての綿棒浣腸

3日待っても出ない時もあり、さすがに4日目には心配になります。

 

三児の母である姉に相談し、綿棒浣腸が良いと聞き試してみる事にしました。その時は効果があり、浣腸をして2時間後くらいに出ました。

一歳過ぎまではこんな感じで、綿棒浣腸をしたりしなかったりで4日目には出すようにしてました。

 

他にもお腹をマッサージしたり、マルチエキスを飲ませたりして、なんとか自力でも出せるようにしていました。

 

便秘がひどくなった

ご飯をよく食べていたので、1歳で母乳はやめました。その代わりにフォローアップミルクを1日3回飲ませるようにしました。

フォローアップミルクは牛乳では取れない栄養も補え、3歳まで飲む事ができます。牛乳を飲んでくれなかったというのもあり、フォローアップミルクをあげていました。

 

この時はまだ良かったんです。相変わらずペースは3日に一回でしたが、自力で出していました。

 

フォローアップミルクをやめたら水分不足

2歳になり、 牛乳も飲めるようになったのでフォローアップミルクはやめました。そして、その年の冬、娘はノロウィルスになってしまいました。嘔吐や下痢…熱も高く可哀想でした。

そして、回復。その日を境に娘は自力でウンチを出さなくなりました

 

フォローアップミルクをやめたというのもあり、水分不足になったというのもあると思います。

 

排便をすることに恐怖を感じる娘

ノロウィルスになった時、何度も下痢をするので何度もお尻を拭いていました。

そして、下痢でお尻が切れたのか出血していました。

それが痛くて嫌だったようで、排便を怖がるようになり、出したくなっても我慢するようになりました。

 

便意がくると立って足をクロスさせ出ないように我慢するんです。

 

『ダメだよ、ウンチちゃんと出そうね』と声をかけるも『イヤ!』と余計に嫌がるようになりました。

 

初めての便秘外来

f:id:hitsupan:20190212113733j:plain

まだこの時は私も自宅で浣腸をした事がなく、排便しない娘をどうにかしないと思い、便秘外来を受診しました。

 

その時、初めて浣腸をされた娘。初めてだったので何をされたのかわからず、とりあえず出た事に安心しました。

 

便秘外来では排便日誌を書くように言われ、2週間毎に通う事になりました。

 

ラキソベロンと漢方

初めて貰った薬は便を柔らかくする薬だったのですが、それも効果がなく、次にラキソベロンと漢方を貰いました。

ラキソベロンは目薬のような薬で、飲み物に垂らして飲ます薬です。それも最初こそ効果はあったもののすぐに効かなくなってしまいました。

 

最後に貰ったのがツムラの漢方です。

f:id:hitsupan:20190212113753j:plain

 

これは腸の動きを良くしてくれるらしく、娘にもすぐに効果があらわれました。が、せっかくの便意なのに出さない娘。

 

私はなぜ娘が便秘なのか、気づきました。

 

便意がきてるのに出さない娘

せっかく合った薬が見つかった!と思い、喜んでいたのも束の間、娘は便意が来ても出そうとしません。

 

立って足をクロスさせ、出さないように我慢してました。

これじゃせっかくウンチが下に下りてきても、肝心の出口が開かないから出ませんよね。

 

娘の場合は、便意が来る→我慢する→水分がなくなり固くなる→出しにくくなる→どんどん固くなる→溜まっていく→出せなくなる 

 

この繰り返しになっていました。娘本人が出そうとしないから、溜まったウンチはどんどん硬くなって出しにくくなります。

 

出さないので、浣腸。痛い、切れる、出したくない、また便秘。

 

この悪循環に陥ってしまいました。

 

可哀そうで病院に行かなくなる

2週間毎に通っていた便秘外来ですが、行く度に溜まっているので浣腸をされる娘。

もうそれがわかるのか、病院につくと泣き叫びます。

 

暴れるので、看護師さん達に押さえつけられ浣腸される娘。

 

可哀そうで見てられなくなり、私も娘を病院へ連れて行く事をやめ、浣腸は自宅でするようにしました。

 

きっかけは敵便

たまに自力で出す事はあっても、ウサギのウンチのようなコロコロ。1週間毎に浣腸をして出していました。

 

こんな感じで1年、2年が過ぎ、昨年の12月、私も忙しさから1週間に1度の浣腸を忘れてしまいました。

9日経って、浣腸をするも出さない娘。次の日もまた浣腸をしましたが、出さない娘。

 

出さないというか、硬く大きくなり過ぎて出せなかったんだと思います。ご飯も食べないし、元気もない娘。

 

こうなったら何としてでも出すしかありません。病院に連れて行こうかと思いましたが、浣腸はもう意味がないし、私が手で掴んで出す事にしました。

 

手袋をして、娘のお尻の穴に手を入れ取り出します。便意が来た時を見計らって取り出しました。(そうすると、お尻の穴が開きます。)

 

娘は泣いてましたが、このままじゃ腸閉塞になってしまうと思い、私も必死です。硬く大きくなったウンチを取り出しました。

 

正しい排便方法を教える

その敵便事件があってから、もうあんな事は懲り懲りなので、娘の便意が来たら強制的に座って足を開かせるようにしました。

 

泣いて嫌だと言っても聞く耳持ちませんでした。これが正しいウンチの仕方!と言って聞かせ、何度も何度も座ってウンチをするように、便意が来たら足を開かせました。

 

自力で排便したら褒める

最初こそ手助けしてましたが、何回かやり方を教え続けていたら、座って排便できるようになりました。そして、出た時は思いっきり褒めてあげました。

 

ちゃんと食べるようになったら便秘解消

便秘の時は、野菜は一切食べない。食べるものは白米かパンかお菓子。

すごく偏った食事をしていました。

 

最近は、野菜は少しですが食べるようになりみそ汁をよく飲むようになりました。

 

お菓子を食べる量も前よりかは減り、おやつの時間はお菓子ではなく、小さめのおにぎりをあげるようにしました。

 

まとめ

排便方法を教えてからは、2日か3日に1回は排便をするようになりました。

もうスパルタで教えてましたね(笑) 二度と敵便はごめんです。

これは月齢も関係あるかも知れません。2歳の時に同じ事をしても多分イヤイヤ言って聞いてもらえなかったと思います。4歳が近くなり、本人もある程度、私の言う事を理解できるようになったので便秘解消につながったのかも知れません。

最近は『大きいウンチ出たよ』と娘から教えてくれるようになりました。

 

お子さんの便秘で悩んでいる方、それは便秘ではなく排便スタイルに問題があるかも知れません。う~んと言って、足をクロスさせピーンっと立っていたら要注意です!